読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オオシロアナゴ

Ariosoma majus (Asano, 1958)

分布 千葉県、相模湾、三重県~鹿児島県志布志までの太平洋岸、愛媛県八幡浜、日本海、東シナ海。~朝鮮半島近海。
特徴 シロアナゴによく似ているが、肛門前側線孔数が50~54と少なく、脊椎骨数は144~147であることなどの点により区別できる。ハナアナゴとは、臀鰭は縁辺がわずかに黒いだけであることなどにより区別できる。全長50cmを超える。
生息環境 浅海の砂底に生息する。
その他 定置網や沿岸の小型底曳網などで漁獲され、ゴテンアナゴなどと同様に食用になる。
オオシロアナゴと、ハナアナゴは主に臀鰭の色彩によって区別されるが、この2種は色彩以外で差異は認められないとされる。これらの2種は同種である可能性もあるようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 愛媛県 愛南町

2014.07.16

日本 東京都 伊豆大島

2013.07.11

日本 東京都 伊豆大島

2013.07.11

日本 東京都 伊豆大島

2013.07.11

日本 東京都 伊豆大島

2013.07.11

日本 東京都 伊豆大島

2013.07.11

日本 東京都 伊豆大島

2013.07.11

日本 東京都 伊豆大島

2013.07.11

日本 東京都 伊豆大島

2013.07.15

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する