読み込み中 . . .
中止

イナカウミヘビ

Ophichthus asakusae Jordan and Snyder, 1901

形態・特徴 “ウミヘビ”と名前に付く動物には、鱗のあるものと、ないものに分けられる。前者は爬虫類のヘビ亜目に分類される蛇の仲間となり、後者はウナギ目に分類される魚類の仲間となる。
本種の特徴は、身体は尾部の末端までほとんど同じ太さであること、背鰭起部は胸鰭先端もしくはその前にあることなどであり、他種と見分る形質として用いられる。
分布 神奈川県三崎~高知県。
生息環境 水深100m以浅の底曳網が曳けるような環境(岩礁がほとんどないような底質)から採捕されている。
食性
動物食性で、腐肉食性でもあると考えられる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

コメント

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する