読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

モヨウモンガラドオシ

Myrichthys maculosus (Cuvier, 1817)

分布 八丈島、和歌山県、愛媛県愛南町、高知県、屋久島、琉球列島、小笠原諸島、南鳥島。~インド-太平洋、紅海。ハワイ諸島のものは別種とされている。
特徴 胸鰭がある。体側には円形の黒色斑がある。この黒色斑は、大型個体では大きくなり、また列数も増えるという。歯は鋭くなく、顆粒状である。全長1mを超えることもある大型種。
生息環境 沿岸や島嶼の岩礁域、あるいはサンゴ礁域に近い砂泥底に生息する。普通は水深30m以浅に生息し、ごく浅い場所でも見られる。
食性 動物食性。
その他 夜、投げ釣りなどで釣れてくることがあるが、食用にされることはほとんどない。色彩が美しいので観賞魚として飼育されることがある。
Myrichthys aki Tanaka, 1917 (ゴイシウミヘビ) は、Myrrichthys maculosus (Cuvier, 1816) の新参異名として消えている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 東京都 青ヶ島 三宝港 新堤

2009.11.05

日本 和歌山県 白浜

2014.07.01

日本 東京都 青ヶ島 三宝港 新堤

2009.11.05

日本 東京都 八丈島八重根堤防

2010.05.03

日本 東京都 八丈島八重根堤防

2010.05.03

日本 東京都 八丈島 藍ヶ江

2011.10.30

日本 和歌山県 市江崎漁港内

2006.09.16

日本 愛媛県 愛南町

2009.08.10

日本 東京都 八丈島 藍ヶ江

2011.10.30

日本 東京都 八丈島八重根堤防

2010.05.03

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する