読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

スルガアナゴ

Dysommina rugosa Ginsburg, 1951

分布 駿河湾。~台湾、南太平洋、ハワイ、モザンビーク海峡、西大西洋、アンゴラ沖。
特徴 体には鱗がなく、左右の鰓蓋は離れ、肛門は体のやや後方にあることでアサバホラアナゴや、ヒレジロアナゴ、リュウキュウホラアナゴ属の魚と区別できる。全長63cmになる。
生息環境 深海性で水深260~800mの場所にすむ。
その他 本種はもともと大西洋で漁獲された個体をもとに「ニセメクラアナゴ」という名前がついていたが、その後駿河湾から日本で初めて報告された際にスルガアナゴという名前に改名されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する