読み込み中 . . .
中止

ハナヒゲウツボ

Rhinomuraena quaesita Garman, 1889

形態・特徴 体色は若魚で黒色に背鰭が黄色、成魚は雄では青色に背鰭と両顎が黄色で、雌では黄色となる。両顎の先端に肉質の突起が存在すること、脊椎骨数が266~286であることなどが特徴である。
分布 高知県柏島、奄美大島以南。西部太平洋域。サンゴ礁域の浅所にすむ。
生息環境 サンゴ礁域の浅所に生息する。
食性 甲殻類や魚類などを食べる動物食性。
その他 成長に伴って雄から雌への性転換をすることが知られている。また、体色が綺麗なため、若魚・成魚ともにアクアリストや水族館での人気が高い。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

日本 沖縄県 西表島

2014.04.24

フィリピン アニラオ

2012.03.19

フィリピン ドゥマゲッティ

2008.02.19

フィリピン ドゥマゲッティ

2008.02.19

日本 沖縄県 ケラマ諸島 男岩(ポイント)

2006.04.30

コメント

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する