読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

マダラエイ

Taeniura meyeni Müller and Henle, 1841

分布 南日本太平洋岸、長崎県、伊豆諸島、小笠原諸島、琉球列島。~インド・西太平洋、ミクロネシア、ガラパゴス。
特徴 大きいものでは体盤幅が2m近くにもなる大型種。体盤は円形で灰色の地色に黒っぽい斑紋が入る。体盤腹面は白っぽい。尾部は腹面正中線にのみ皮褶があり、それは尾部末端にまで達する。尾には大きな毒棘がある。
生息環境 岩礁域や砂泥底域に生息する。
その他 大型種で釣りなどの漁法で漁獲され、食用とされるようである。水族館でも飼育されることがある。いずれにせよ尾部には毒棘があるので、扱う際には十分な注意が必要。アカエイ類の毒棘は当たり所が悪いと命を落とすこともある。
マダラエイ属は世界から3種が知られる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 東京都 小笠原村

2015.07.16

フィリピン 東ヴィサヤ地方 アポリーフ

2016.03.31

日本 東京都 八丈島

2015.05.07

インドネシア 南スラウェシ

2014.07.04

日本 沖縄県 名護市 名護漁協の競り

2015.08.24

日本 東京都 小笠原諸島聟島列島(ケータ)聟島

1995.07.07

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する