読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

シビレエイ

Narke japonica (Temminck and Schlegel, 1850)

分布 福島県以南の南日本太平洋岸、若狭湾~九州までの日本海岸、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国の沿岸。
特徴 体色は赤・茶褐色から黒褐色で、体盤に斑紋をもつ個体も多い。体盤前縁はまるく、吻端はとがっていない。尾部は短く、大きな尾鰭がある。背鰭は1基で、日本産で同じく背鰭が1基のネムリシビレエイとは皮膚がやわらかく、眼は凹まず突出していること、腹鰭が体盤下からはじまることにより、ハクテンシビレエイとは腹鰭の縁辺は凹まないことで区別することができる。体長35cmほど
生息環境 水深50mまでの砂底に多く、水深150mほどで漁獲されることもある。
食性 発電器官をもち、底生動物や小魚などを麻痺させて捕食する。
その他 頭部側方から胸鰭基部の間に発電器官があり、50~60ボルトの電気を出すので取扱いには注意する。定置網や底曳網漁業などでたまに漁獲されるが殆ど利用されない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 静岡県 沼津市西浦大瀬崎(ポイント名・湾内)

1995.03.01

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2009.06.14

日本 愛媛県 愛南町

2009.06.01

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.11

日本 静岡県 沼津市西浦大瀬崎(ポイント名・湾内)

1995.03.01

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.11

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.11

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.11

日本 宮崎県 門川湾

2007.06.11

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する