読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ヤマトシビレエイ

Torpedo tokionis (Tanaka, 1908)

分布 東北地方以南の太平洋側、島根県、東シナ海。
特徴 体盤は暗色で、斑点などはない。背鰭は2基。同じく背鰭が2基の日本産シビレエイ科魚類のうち、ゴマフシビレエイに似ているが、ゴマフシビレエイの体には小さな黒褐色斑点があるのに対し本種にはそれらがないことなどによって区別できる。大型種で全長1mを超える。
生息環境 沿岸の浅海から深海に生息する。
食性 おそらく動物食性であると思われる。
その他 本種もほかのシビレエイ科魚類同様に発電するので取扱いに注意が必要。主に底曳網漁業によって漁獲されるが、殆ど利用されていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する