読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

シノノメサカタザメ

Rhina ancylostoma (Bloch and Schneider, 1801)

分布 南日本太平洋岸、青森県、秋田県、新潟県、山口県、愛媛県八幡浜、琉球列島、尖閣諸島。~台湾、中国、インド-西太平洋、紅海、ペルシャ湾。
特徴 サメとエイを足して割ったような姿をしている奇妙な魚で、鰓孔が体の腹面に開くためエイ上目に分類されている。背鰭は2基で非常に大きく、第1背鰭は腹鰭とほぼ同じ位置にある。トンガリサカタザメに似ているが、吻端は丸みをおびる。両眼の内側や、胸鰭間の背面に肥大した棘の列がある。体側には白色の虫食い状の模様がある。大型種で全長2.7mに達する。
生息環境 熱帯~温帯の砂底にすみ、活発に遊泳する。水深150m以浅に生息する。
食性 底生動物や小魚を捕食する。
その他 日本ではまれにしか漁獲されず食用とはされていない。水族館で飼育されていることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する