読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ノコギリザメ

Pristiophorus japonicus Günther, 1870

分布 北海道以南の日本近海、東シナ海。~朝鮮半島、台湾、中国。
特徴 吻部は長くのこぎり状になる。吻の中央部にはひげが1対ある。ノコギリエイとはよく混同されるが、本種の鰓孔は体の側面に開くこと(ノコギリエイでは鰓孔が体の腹面に開く)、先述した髭をもつこと(ノコギリエイにはない)、などの特徴から区別できる。全長1.5mを超える大型種。
生息環境 水深800m以浅の海底に生息する。水深200mほどの場所にみられるが、水深20m前後の場所にも出現して、ダイバーを驚かせることもある。
食性 動物食性と考えられる。
その他 底曳網や刺し網などで漁獲され食用になる。肉は臭みがなく、刺身、焼き物などにしてかなり美味。このほか練製品の原料ともなる。ノコギリザメの仲間は世界で2属と約8種が知られているが、日本にはノコギリザメのみが分布する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する