読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

コロザメ

Squatina nebulosa Regan, 1906

特徴 少なくとも全長163cmに達する。体色は茶褐色ないしは青みがかった茶色で、体には明色斑点が散在し、黒色斑点が多数密在する。腹面は明色で、胸鰭の先端はより暗くなる。背鰭の先端は明色。鼻孔から伸びる髭は先端にむかって細くなり、前鼻弁はわずかに房状になるか平滑。眼は大きく、眼と噴水孔間の距離は眼径の1.5倍に満たない。噴水孔間の幅は眼隔幅より小さい。胸鰭は幅広く、先端は鈍い。
分布 日本の北海道(日本海側)~九州、朝鮮半島沿岸、黄海、東シナ海、台湾北部などの北西太平洋の沿岸海域。
生息環境 大陸棚上または斜面の沿岸域から水深330mに生息する。
食性 底生性魚類、甲殻類、軟体動物類を主に捕食する。
その他 底曳網や底刺網で漁獲され、練製品の原料に利用される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 東京都 大島南

2010.09.11

日本 神奈川県 城ヶ島沖

2006.09.10

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する