読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ドタブカ

Carcharhinus obscurus (Lesueur, 1818)

分布 銚子および島根県以南。全世界の温帯・熱帯海域。沿岸から外洋にかけて、表層から水深400mまで広くすむ。
特徴 全長4mを超える大型のメジロザメ。各鰭はあまり黒っぽくない。背鰭は大きくなく、第1背鰭基部が胸鰭内角のほぼ直上であることなどからほかの多くのメジロザメ属魚類と区別できる。ガラパゴスザメは本種にそっくりであるが、尾鰭前脊椎骨数や、第1背鰭の高さが全長の5.8~9.9%であること、第2背鰭の後葉長は高さの1.6~2.1倍であることにより区別できるようである。
生息環境 沿岸から外洋にみられる。
その他 大型種で、ヒトを襲う危険性がある。延縄や釣りなどで漁獲され、食用になり、鰭はフカヒレとして流通する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.08.14

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.08.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する