読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

イタチザメ

Galeocerdo cuvier (Péron and Lesueur, 1822)

分布 主に房総半島以南の太平洋岸、東シナ海、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。青森県からの記録もある。~全世界の暖海。
特徴 若いうちは背部にある模様により、ほかのサメと間違えられることは少ないが、大型個体ではこれが明瞭でなくなる場合がある。本種は眼に瞬膜をもち、体が大きい、吻は丸い、尾柄部に隆起線があることなどによりほかのサメと区別できる。大型種で全長5.5mを超える。
生息環境 暖海域を好むようである。サンゴ礁域周辺から沖合にかけて生息する。また汽水域に入ることもある。
食性 サメの仲間ではきわめて貪欲な種類で、魚類やウミガメ、甲殻類、哺乳類、鳥類などを捕食する。ヒトに危害を加えることもある。オオメジロザメやヨゴレと並び危険とされる。
その他 日本では琉球列島などで漁獲され、肉は練製品や各種料理、鰭はフカヒレ、肝臓からは肝油をとる。イタチザメ属魚類は、本種1種のみからなる
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する