読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

タイワンザメ

Proscyllium habereri Hilgendorf, 1904

特徴 雄で全長42~57cm、雌で51~65cmに達する。タイワンザメ科は、成魚でも全長15~65cmほどにしかならない小型のグループで、頭の幅は狭く、吻はやや角張り、瞬膜は未発達で、皮弁や鼻口溝をもたない。また、第一背鰭の基底は、腹鰭の前方に位置するが、胸鰭の基底よりも腹鰭の基底に近い。本種は、暗褐色の地色に大小の暗色斑点が散在していることや、前鼻弁が大きく、口の近くまで伸びることから他のタイワンザメ科魚類と区別することができる。
分布 西太平洋に分布し、千葉県以南~琉球列島、韓国、台湾、中国、ベトナム、ジャワ島北西部から知られる。
生息環境 大陸棚の水深50~100mに生息する。
食性 硬骨魚類や甲殻類、頭足類などの無脊椎動物を捕食する。
その他 タイワンザメ科魚類は普通卵胎生だが、本種は例外的に卵生である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する