読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

トラザメ

Scyliorhinus torazame (Tanaka, 1908)

特徴 雄は全長41~48cmで成熟、雌は39cm以上で成熟する。全長8cmほどで孵化し、最大で48cmになる。暗色の地色に6~9本の濃い暗色横帯が並び、より大きな個体では不規則な暗色および明色の斑点が散在する。第一背鰭は腹鰭の直上より後ろに位置する。鼻口溝を欠き、鼻弁は小さく、口まで達しない。唇褶は下顎にのみある。
分布 日本では北海道~九州の太平洋岸、能登半島以南の日本海沿岸および沖縄から知られ、国外では韓国沿岸、渤海、黄海から台湾南部にかけての北西太平洋に分布する。フィリピンにも分布しているようだ。
生息環境 大陸棚上や、岸近くから少なくとも水深320mの海底に生息する。
その他 本種は卵生で、2~6cmの卵殻に包まれた卵を産み落とす。トラザメ科は、少なくとも16属160種を含み、サメ類の中でも最大のグループであるが、未だ学名不確定種も多く、分類学的な研究が不十分な分類群でもある。体は小さく、ほとんどのものが全長80cm以下で、体は細長く、棘のない2基の背鰭(第一背鰭は腹鰭の直上か後方に配置)と臀鰭をもち、弧状の口は眼の後縁前方に達する。世界の温・熱帯域および北極の潮間帯から水深2000mに達する深海にまで生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 静岡県 浜松市 舞阪漁港 選別作業台

2014.08.14

日本 神奈川県 東京湾

2016.02.01

日本 神奈川県 横須賀市沖相模湾

2005.04.30

日本 神奈川県 久里浜沖

2006.02.11

日本 北海道 木古内町沖

2005.06.10

日本 北海道 木古内町河口

2008.12.13

日本 北海道 木古内町沖

2005.06.10

日本 神奈川県 久里浜沖

2006.02.11

日本 北海道 木古内町河口

2008.12.13

日本 北海道 木古内町河口

2008.12.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する