読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

サンゴトラザメ

Atelomycterus marmoratus (Bennett, 1830)

特徴 全長50cmほどで成熟する。最大で全長70cm。孵化時のサイズは不明。体側には明瞭な鞍状の斑紋はなく、線もしくは棒状になる大きな黒斑がある。各鰭の末端や体側、背面には大きな白色斑点が散在する。前鼻弁は著しく発達して幅広く、口まで伸びる。2基の背鰭は臀鰭より大きく、第一背鰭の起点は、腹鰭の付け根の直上にあるか、わずかに前方に位置する。
分布 パキスタン・インドからニューギニア・中国南部にかけてのインド・西太平洋域に分布する。日本からは鹿児島県の口永良部島のみから知られる。
生息環境 サンゴ礁域の岩の割れ目や穴の中に棲む。
その他 卵生で2つの卵を産む。IUCNのレッドリストでは絶滅危惧(Near Threatened)とされ、広範囲で生息環境が失われている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2009.11.01

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する