読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

ホホジロザメ

Carcharodon carcharias

分布 日本各地沿岸。黄海、渤海、世界の温帯~熱帯。
特徴 ネズミザメ科魚類として最大種で、全長6.4mにも達する。体は背側が暗色で、腹部は白っぽい。ネズミザメやアオザメなどに比べて、体は大きく、歯は二等辺三角形で、その縁辺は鋸歯状であることなどからこれらのサメと区別できる。尾柄部には隆起線がある。
食性 アシカや、オットセイなどに代表される海洋の哺乳類などを捕食する。このほか魚類や、甲殻類、腐肉なども餌とし、ヒトを襲った例も報告されている。日本でも松山、愛知などで死亡事故が起こっている。
その他 本種は胎生で、2~14匹の子を産むとされる。その凶暴なイメージにより、小説や映画化もされているが、映画の影響、あるいはゲームフィッシングなどの遊戯によって、個体数は極めて少なくなっている。ワシントン条約による保護の対象種で、国際的取引が規制されているほどである。日本では「ホオジロザメ」という和名が使用されていることもあるが、日本魚類学会 標準和名検討委員会の「魚類の標準和名の定義等について(答申)」のなかの「起点」により、ホホジロザメの和名を使うべきであろう。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する