読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

トラフザメ

Stegostoma fasciatum (Hermann, 1783)

分布 南日本。~南シナ海、インド・西部太平洋。沿岸の珊瑚礁域やその周辺にすむ。
特徴 成魚の体は灰褐色で、黒色斑が体や各鰭にちりばめられる非常に美しい種類。幼魚は灰褐色の体で、体側には白色の横帯がある。英名のZebra sharkはここからきているようである。尾鰭は非常に長く、尾鰭長と体長はほぼ等しい。全長2.5mに達し、テンジクザメ目魚類としては大型になる種である。
生息環境 沿岸性で特にサンゴ礁域に多くみられる。
食性 夜行性で、夜間に魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する。
その他 本種は卵生とされており、卵は糸状の突起で固定される。夜行性で昼間は海底でじっとしている。食用として漁獲されるほか、幼魚は観賞魚として飼育されることもある。また水族館でもよく飼育される。トラフザメ属魚類は1属1種であり、トラフザメ科Stegostomatidaeとしてジンベエザメ科から独立させることもある。ここでは青沼ほか(2013)に従う。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 中頭郡北中城村のライカムイオン内の水槽

2016.01.04

日本 沖縄県 中頭郡北中城村のライカムイオン内の水槽

2016.01.04

日本 沖縄県 中頭郡北中城村のライカムイオン内の水槽

2016.01.04

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する