読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

イヌザメ

Chiloscyllium punctatum Müller and Henle, 1838

特徴 全長13~17cmで出産され、60cmほどで成熟する。最大で全長105cmに達する。若齢個体の体側には明瞭な暗色横帯が多数並び、小暗色斑点が散在するが、これらの斑紋は成熟するにつれ不明瞭になる。鰓孔の縁は明色になり、よく目立つ。背鰭の後縁は湾曲して凹み、先端は尖る。背鰭と臀鰭は尾部の後方に位置する。第1背鰭の起部は腹鰭基底の中心の直上付近に位置する。
分布 尖閣諸島魚釣島。~台湾、マレー、西部太平洋、インド洋、アンダマン諸島。
生息環境 浅いサンゴ礁域に生息し、タイドプールなどにも現れる。水深85mまでの沖合にも現れることがある。
食性 主に底生無脊椎動物を捕食するが、魚類も食べていると思われる。
その他 卵生で11×15cmの丸みのある卵を産む。水の外にいても半日は生き延びることができる。水産資源として沿岸漁業で捕獲されるほか、観賞魚として水槽内で飼育・繁殖されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン サマール島

2009.12.24

フィリピン マニラのフィッシュマーケット

2014.04.03

タイ タイランド湾、チョンブリ県、クラム島周辺

2015.04.14

タイ タイランド湾、チョンブリ県、サタヒップ沖、クラム島西側

2015.08.05

タイ タイランド湾、チョンブリ県、サタヒップ沖のクラム島南東

2015.08.14

フィリピン サマール島

2010.02.27

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する